新品ピアノお客様の声 ちなみ近隣の公民館のグランドピアノ

新品ピアノお客様の声 ちなみ近隣の公民館のグランドピアノ。①電子ピアノといってもピンキリです。電子ピアノついて 社会人でピアノ習いたい考えている者 ピアノ関て完全初心者で、理想てクラシック弾けるようなりたい ピアノ教室通うこ検討て か、家集合住宅いうのあり、アコースティックピアノ置くこできません 代わりアパートの管理会社確認て電子ピアノイヤホン付きでなら弾いて良い許可貰っているいう状況 疑問いくつかあるの、 ①そそ、電子ピアノでクラシック習うの無謀でょうか (ドビュッシーの曲弾けるようなるの理想) ②電子ピアノでクラシック習うの実際の所、教室嫌られるでょうか (ピアノ習うなら電子ピアノ鍵盤押す感覚など違うアコースティックで、いう意見知恵袋などで見かけるので) ちなみ、近隣の公民館のグランドピアノ月一くらいで借りてアコースティックピアノの感覚忘れないようよう考えて ③電子ピアノのペダル踏んだき出る音(打鍵の音 )の対策どれくらいやるべきでょうか 今の所、防音の絨毯重か敷く、壁離て設置する事考えて 新品ピアノお客様の声。新品ピアノお客様の声 弾くことを意識し始めた台目は 思い出がつまった宝物
台目はサイレント機能つきで。 試験前に娘も気に入ってくれたようで。ピアノ
が来るのを心待ちにしておりました。私はマンション住まいなので今回
デジタルピアノ以外の選択は考えておりませんでした。今回。ピアノレッスン
用にグランドピアノ1台。アップライト1台を三木楽器さんから購入させて頂き
ました。ベーゼンドルファー 鍵盤が深く底がやわらかい感覚が
心地よいです。

子供の自宅でのピアノ練習は。住宅事情を考えても。電子ピアノでないと練習できない場合も多いと思いますし
。将来プロを目指してピアノを始める方は。初めからピアノ本来の音色や。
タッチはアコースティックピアノでしかえられない感覚があり。レッスンの
ときだけではそれをなかなか体感できない。小学校? 年生くらいには
はっきりと手がピアノか電子ピアノなのかタッチの違いが分かりだします!
たまに。楽器店でレンタルグランドを借りて練習している生徒さんも
いらっしゃるようです。ピアノが無いから練習できない。やはりどこかの場所を借りることになりますがどんなところがあるのか考えてみ
ました。番いいのは習っている習いたい先生に相談してみることまずは
。家にピアノがない子が実際にはどのように練習をしているか。ということです

絶対に失敗しない失敗してほしくない。どうしようかなぁ」と漠然と考えているだけの方もいらっしゃいますのでまずは
!ピアノレッスンは殆どがグランドピアノかアップライトピアノですから。中
には電子ピアノはしっかり触った事がないという先生もいらっしゃいますし。
また近年ここ~年くらいはかなり本物のピアノタッチ?響きに近いものも
出ており。決して侮れません!立体音響も手掛けている会社なので。小さい音
やヘッドホンで聴いた時の音の立体感。強弱変化はです。電子。教室でのレッスンで身に着いたタッチや音色が。おうちで「後戻り」してしまわ
ないよう。きちんと復習できる楽器を準備それでは実際に。キーボード。電子
ピアノ。アップライトピアノ。グランドピアノそれぞれの特長を見ていくことに
しましょう。音と音との幅。特に和音をつかむ感覚が養われます。ハンマー
が弦を叩いた後スプリングの力を借りて元の位置に戻る。秒間に約回打鍵可能

①電子ピアノといってもピンキリです。安物の電子ピアノはお勧めできません。高価な上質な機種を用いるべきです。なお、集合住宅で、ヘッドホンを使用するだけで内蔵スピーカーを使って音を出すことはないなら、内蔵スピーカーを持たない機種を選びましょう。一例として、?ヤマハ CP1、CP4?ローランド RD-2000?コルグ GrandStageいずれもプロの演奏者も使う機種です。②生ピを持っているがために練習が不十分になるより、電子ピアノで存分に練習できている方が好まれるでしょう。③本物の畳を買ってきてその上に乗せるとかなりいい感じです。絨毯よりも威力があり、衛生的です。30代半ばからピアノを始め、20年近くになりますが、数年前にピアノを買うまでは、ずっと電子ピアノで練習していました。①大丈夫です。私は3年目くらいに「アラベスク第1番」、その後「亜麻色の髪の乙女」「月の光」などを弾きました。ただ、電子ピアノとピアノでは、タッチやペダルなどに大きな違いがあります。?に書いておられるように、たまにピアノを弾くようにして、その違いを確認するのがよろしいかと思います。できれば将来的にはピアノを購入するのが望ましいです。②先生教室によっては、強くピアノ購入を奨めるところもあるかもしれませんが、基本的に生徒は顧客なので、生徒の状況に合わせてくれます。体験レッスンのときに、そのあたりも確認するのがいいと思います。有料ですが、ピアノスタジオや、ホールのピアノを借りることもできますので、ぜひ利用することをお勧めします。スタインウェイは感動的ですよ。③建物の構造などにもよるでしょうから、一概には言えませんが、考えておられる対策で大丈夫でしょう。あと打鍵音は窓からも伝わりますので、演奏するときは窓を閉めましょう。あと演奏の時間帯も、いくらヘッドフォンを使うとは言っても、常識的な時間帯にすべきでしょう。事前に管理会社の許可も得られているとのことですから、まずは大丈夫でしょう。①、②だけでもいいですか?大丈夫ですよ。①あり得ませんね。でも、しょうがない。生ピアノの方がいいに決まってる。でもしょうがないんですよ。私も電子ピアノでクラシック習ってます。②嫌がられはしないと思いますけど、そう思ってる人は『電子ピアノだからー』と言い訳の材料にしがちなので、そういう姿勢は嫌がられるかも?電子ピアノと生ピアノの違いをわかってらっしゃるなら、たまには生ピアノ弾いてその感覚を忘れないようにしておけばそれでいいんです。あなたの問題。ピアノの先生は関係ありません。向こうは、出来る範囲で最大限教えるのが仕事なので。③どれぐらいやるべきかは、住宅環境によります。私は何もしてませんが、心配なら思い付いたこと全部やった方がいいと思います精神衛生上。>①そもそも、電子ピアノでクラシックを習うのは無謀でしょうか?ドビュッシーの曲を弾けるようになるのが理想です無謀ではありません他の方も言われる通り、良い機種なら質感がかなり良いですからね安いピアノでもクラシックは習えますが、質感が下がります>②電子ピアノでクラシックを習うのは実際の所、教室から嫌がられるでしょうか?ピアノを習うなら電子ピアノは鍵盤を押す感覚などが違うからアコースティックで、という意見を知恵袋などで見かけるのでそういう先生もいるかもしれませんが社会人対象の先生なら、そうではない場合が多いと思います先生は「お金」が一番の目当てですから、お金になるように、広く取るはずですから実力主義?本格派の先生は、断るかもしれませんね、しかしそれは社会人には当てはまらないでしょう>③電子ピアノのペダルを踏んだときに出る音打鍵の音?の対策はどれくらいやるべきでしょうか?今の所、防音の絨毯を何重かに敷く、壁から離して設置する事を考えています。下に相当クッションしないとね下の階に響きますよね防音マットみたいなのが、楽器メーカーから出てるので、それを使っとくのは良いと思いますよただそれだけで問題が出ないかどうかですが、私は集合住宅の性能を良く知らないのでお答えは出来ません>①そもそも、電子ピアノでクラシックを習うのは無謀でしょうか?ドビュッシーの曲を弾けるようになるのが理想です問題ないと思います。私も普段はマンションの電子ピアノCASIO GP-500で練習していますが、モーツァルトもベートーヴェンもショパンもリストもラヴェルも弾きます。ドビュッシーはあまり弾きません.週1,2でスタジオのグランドピアノで練習しています。これで特に困ったことはありません。ただし、tumさんも仰るように、個人的には20万以上のものをおすすめしたいところです。それ以下だと、アクションが貧弱すぎて、本物を弾くのに必要な指の筋肉があまり鍛えられないです。もちろん、オモチャみたいな機種は避けて、グランドピアノへの近さだけで選ぶべきです。大きい画面とか伴奏機能とかはどうでもいいです。YAMAHA N1、KAWAI CA9800、CASIO GP-500 なんかは30万をゆうに超えますが、他の電子ピアノはおろか、多くのアップライトピアノをも上回る性能です。>②電子ピアノでクラシックを習うのは実際の所、教室から嫌がられるでしょうか?上述のように、今どきの電子ピアノはアップライトを超えつつあります。アップライトがNGという先生がほとんどいないのと同じように、電子ピアノがNGという先生もほとんどいないと思います。いるとすれば、一昔前の電子ピアノしか知らない先生か、あまりに本格的すぎてグランド以外お断りの先生か、のどちらかです。>ちなみに、近隣の公民館のグランドピアノを月一くらいで借りてアコースティックピアノの感覚を忘れないようにしようと考えています。良い心がけだと思います。>③電子ピアノのペダルを踏んだときに出る音打鍵の音?の対策はどれくらいやるべきでしょうか?ペダルは大したことはないのですが、鍵盤を叩いたときの振動下の階に響くが一番の問題です。私が良かったと思うのは↓これです。電子ピアノの足とカーペットの間に挟んでいます。今のところ苦情は来ていません。電子ピアノには価格による「質」が存在します。20万円以上の木製鍵盤を使っている製品なら、厳密なことを言わなければ充分対応し、30万円ならCASIOのハイブリッド機が買えます。まず電子ピアノを「電子ピアノ」として一括りで考えるのが誤りで、そういう考えでしか語れない先生は、今時では逆に「先生の能力が低い」といってよいでしょう。製品は常に開発されていていますので、それに対応した考えに更新する必要があるのですが、それを怠っていることになります。「与えられたもの」に不満を言うのではなく、それの最高値を引き出してこそ、レッスン費用をいただいてよい真の先生なのですから。振動が気になるようなら、厚めの防振マットを使えばよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です