マルコ=ポーロ ◎ヨーロッパの人々アジアの関心高めた14

マルコ=ポーロ ◎ヨーロッパの人々アジアの関心高めた14。。世界史の大航海時代ついて

◎ヨーロッパの人々アジアの関心高めた、14cのヴェネツィアの商人誰か
◎商人記たアジア関する書物か 世界史。アジアへの関心を高め大航海時代の契機となった世界の記述を 著した
ヴェネツィア商人とは誰か 新大陸から銀が大量流入した
結果。ヨーロッパでは急激に物価が上昇し。荘園領主の没落を加速させた。この
出来事を何と◎ヨーロッパの人々アジアの関心高めた14cのヴェネツィアの商人誰かの画像をすべて見る。世界史B。①ヨーロッパの人が東方貿易イスラム圏を経由したアジアとの交易で流入
する〔 〕に興味を香辛料はアジアで採れ当時はイスラム商人経由で流入する
ので高 価であった。またヨーロッパでは当時調味料以外にも保存料やアジア
に対する興味関心が高まったこと。新航路開拓はイベリア半島にある
ポルトガルとスペインの両キリスト教国が国の威信をかけた事業として競◎
ポルトガルvsスペイン新航路開拓競争最初に日本にやってきた
ヨーロッパ人は鉄砲伝来のポ

マルコ=ポーロ。13世紀。元のフビライに仕えたヴェネツィアの商人。イタリアの
ヴェネツィア生まれの商人。1271年。17歳の時。父や叔父と一緒に東方へ
の旅に出発し。陸路をとり。帝国が成立し。1240年代にその軍団が東
ヨーロッパ諸国を襲撃すると。西ヨーロッパの人々もにわかにアジアの東方への
関心が高まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です