インフルエンザの予防接種による副作用とは インフルエンザ

インフルエンザの予防接種による副作用とは インフルエンザ。予防接種をして充分な抗体価の上昇があり、免疫ができるとインフルエンザウイルスに感染しても、特異抗体がウイルスに吸着して排除していきますから発病しません。インフルエンザの予防接種 打っておいた方良いか
インフルエンザの予防接種 打っておいた方マシか 6。ワクチン?予防接種の豆知識 ワクチンについて ワクチンとは。ウイルスや細菌
等。病原菌を処理して作った薬剤のことです。 ワクチン接種は。免疫の働き
によって。体に侵入した病原菌の増殖を抑えます。その結果。病原菌に感染して
もインフルエンザの予防接種による副作用とは。インフルエンザの予防接種による副作用とは? 様々な症状と気を付けたい
ポイント [インフルエンザ予防について]をご紹介します。消毒用エタノールの
トップメーカー。健栄製薬の一般消費者向け製品ページです。インフルエンザワクチンの副反応について教えてください。予防接種後に見られる発熱。けいれん。発疹などの健康被害を予防接種の副反応
と言います。 副反応には。重大な副反応と。その他の副反応が有ります。 一般的
に薬物に伴うものは副作用ですが。ワクチンの場合副反応と言うそうです。

ワクチンを接種してもインフルエンザになるのはなぜ。ワクチンを接種すればインフルエンザにかからないというわけではありません
。 しかし。インフルエンザワクチンは。感染後に発病する可能性を低減させる
効果と。発病した場合の重症化防止に有効です。インフルエンザワクチンの予防接種を受けられる方へ。インフルエンザワクチンの副反応 一般的に副反応がおきる頻度は低く。ほとんど
が注射した部位が痛む。硬くなる。赤く腫れる。だるいなど軽い症状でその場合
は時間以内に発症し。~日中には消失します。極めてまれに。全身の発疹やインフルエンザワクチンはいつまでに打つべき。年度のインフルエンザ予防接種ですが月日より。予約開始?接種開始
しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。 インフルエンザの流行
シーズン前に考えておきたいのがインフルエンザワクチンの接種

予防接種をして充分な抗体価の上昇があり、免疫ができるとインフルエンザウイルスに感染しても、特異抗体がウイルスに吸着して排除していきますから発病しません。約70%のひと免疫力の弱いひともいますから、抗体価の上昇が少なく、充分な免疫ができないひともいます。そういう場合は、発病することもありますが、抗体がゼロではありませんから、重症化は防げるでしょう。約30%のひと予防接種をしていないで、免疫がないと、インフルエンザウイルスに感染したら発病してしまいます。予防接種をしたひとのグループと、予防接種をしないひとのグル―プを比べますと、予防接種をしたほうがインフルエンザにかかるひとが少ないので、発症予防効果は60%であることがわかります。インフルエンザワクチンが効かないということを立証する有名なレポートに前橋医師会のレポートがあります児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げ5つの市で計75000人を対象にして6年間にわたりインフルエンザワクチンの疫学調査を行った結果ワクチン接種の有無で罹患率が全く変わらずワクチンが何の効果も示さないことが証明されています以降、定期接種から任意接種へと変更されたのが歴史的事実です92年12月、予防接種禍集団訴訟の東京高裁判決で原告が勝訴し厚生大臣は陳謝しています93年12月、厚生省は有効性がないことを理由に幼児?学童へのインフルエンザワクチン強制接種制度を廃止厚生省は、30年間も全国民の子ども、孫たちを有害無益なワクチン接種の犠牲にしてきたことを公式に認めています2011年にオランダのエラスムスメディカルセンターのワクチン学研究結果子供が定期的にワクチン接種を受けることでインフルエンザと闘う免疫システムが悪化すると結論づけていますこの研究はワクチン接種の反対科学者ではなくワクチンの性能を改善する賛同者によって行われています研究リーダーRogierBodewes氏はインフルエンザワクチンは潜在的な欠点がありこれについては議論を行うべきと述べています■インフルエンザ脳症厚労省の「インフルエンザ脳炎?脳症の臨床疫学的研究」2001で脳症はインフルエンザウイルスのしわざではなく一部の解熱剤が原因になって引き起こされていることがわかっています。平成11年度厚生科学研究ジクロフェナクナトリウム又はメフェナム酸が使用された症例では使用していない症例に比較して死亡率が高い死亡率アセトアミノフェン 29.5%ジクロフェナクナトリウム 52.0%メフェナム酸 66.7%その他の解熱剤 22.7%■予防効果のない根拠ワクチンは弱毒化した病原体やインフルエンザワクチンのように病原体の一部を皮下注射で注入し病原体に対する抗体を作らせようとしますしかし通常なかなか抗体が作られませんなぜなら健康で免疫力の高い人は、抗体を作る必要がないからですしっかり異物と認識しT細胞の働きで対応できるからですほとんど当たりもしない抗体を作らせるためにはわざわざ免疫増強剤アジュバントを添加したり保存剤と称して有機水銀や発癌性のホルマリンなどの様々な毒物を入れて免疫系を混乱させ、免疫力を低下させる必要がありますつまりワクチン接種で抗体を作らせることに成功したというのは免疫力を低下させることに成功したということです。ところが、多くの人が、これを免疫がついたと言っていますそして、一度に大量の異物が血液中に入り込むため免疫系が混乱し、処理しきれず、病原体と抗体が結合したものがそのまま排泄されず血液中に留まります感染症の慢性状態の出来上がりです!因果関係を曖昧にすることで原因不明となり普遍的な病気を作り出し、病院へ通い薬をのみ続けることで患者を固定資産化するのが医療製薬業界が作り出す医療奴隷制度その結果、世界の人口1.8%の日本人が世界の薬の40%タミフル75%を消費している薬漬け大国なのです。その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円それらの税金が外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んで行くこれが医療連盟が作り上げた日本の現実です内側の戦争に免疫力が使われるので外の見張りがおろそかになり、免疫力が低下したいしたことない病気に感染し重病になりやすくなりますこのように予防接種によって血中に異物が入り排泄できず、血液が濁り、毒血症となってさまざまな疾病を引き起こしますすなわちワクチンの予防とは、感染症の慢性状態を作り出すことにありますウイルスの型はA型でも144種類さらに変異を繰り返すのでワクチンは無駄な抵抗でしかありません■結論現代人は農薬や添加物?コンビニ?お菓子などで食の質も悪くゲーム?TV?スマホ?パソコンなどで姿勢も悪い化粧?整髪料に毛染めなどの経皮毒も多く過剰な除菌?殺菌?消毒で菌にも弱くエアコンやシャワー生活?運動不足で体温も低くよって睡眠の質も悪いさらにはワクチン接種で強い免疫力がなく何かあると直ぐに病院へ行って薬を飲む生活です弱い体を作り、さらに拍車をかけて弱くする悪循環ですこれでは強い免疫力は備わりません歴史?政治?経済?社会構造や利権などの背景からも予防とは劇薬のワクチンではなく日々の生活習慣の見直しや健康管理による免疫力の向上です 。ワクチンがあぶない!インフルワクチンを、打っておいた方がマシと言えるような信頼できるエビデンスは、一つとして存在しない事が明らかになってる。副作用のリスクも大きいし、受けない方が身の為だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です